出口王仁三郎の思想
世界平和実現への道

1 世界平和実現へのロードマップ

  

出口王仁三郎師は口述された『霊界物語』のなかで、真の世界平和実現の方法を、1924年、次のように述べています。

「世界にあらゆる有形無形、この二つの大なる障壁を取り除かねばなりませぬ。有形的障害の最大なるものは対外的戦備(警察的武備は別)と国家的領土の閉鎖とであります。また無形の障壁の最大なるものとは、すなはち国民および人種間の敵愾心(てきがいしん)だと思ひます。また宗教団と宗教団の敵愾心だと思ひます。

この世界的の有形の大障壁を除くためには、まず無形の障壁から取り除いてかからねばならないと思ひます」

「人類愛の心すなはち他の国民や人種に対して少しの障壁も築かず、胸襟を披いて、自分の友人に対すると同様に友愛の心を持つことです。」

これは世界に平和をもたらすために、まず宗教協力を深め、国民・人種間の民際化を進め

て“無形の障壁”を取り除き、その上で“有形の障壁”を取り除かねばならないという順序を述べたものであります。